手のシワをなくす方法

手のシワをなくす最強のケア方法!手のシワの3大原因とは?

手のシワをなくす最強のケア方法!手のシワの3大原因とは?

手のしわを改善する方法

 

 

 

手がしわしわ…。ハンドクリーム塗ってるのに。

 

 

手の甲のしわって、どうやってお手入れすれば良いんだろ?と思いませんか。

 

 

顔のスキンケアについては情報がたくさんありますが、手のケアってちょっとマイナーな感じがするし、ハンドクリームを塗るくらいしか思いつきません。

 

 

そこでここでは、手のシワをなくす最強のケア方法についてまとめてみました。

 

 

手のしわを本気で改善したい!!という方はぜひ実践してみてくださいね。

 

 

 

 

はじめに|手のしわの原因

 

紫外線

 

手のシワができる最大の原因は、ズバリ「紫外線」!!

 

 

顔のUV対策はカンペキでも、「手の甲にもこまめに日焼け止め塗ってます!」という人は少ないのではないでしょうか。

 

 

紫外線(UV-A)は皮膚の中にあるコラーゲンを壊し、ハリ・弾力のない皮膚にしてしまう恐ろしい存在。

 

 

しかも手の甲は服で隠れないので、きちんと対策せずにいると紫外線のダメージをまともに受けてしまいます!

 

 

じわじわと、ぷるぷるお肌を作ってくれる”コラーゲン”が破壊されていっているという…考えただけでイヤですね(>_<)!

 

 

 

 

加齢

 

顔は若く見える人でも、手を見たら急に年齢を感じることってありますよね。

 

 

25歳くらいから、新しく作られるコラーゲンよりも分解されるコラーゲンの量が多くなっていくので、皮膚にハリがなくなってシワが出来やすくなってきます。

 

 

皮膚にふっくらとしたボリュームがなくなってくると、手の血管が目立ってさらに老けてみえるようになったり、たるみが出てくることもあります。

 

 

(手の血管が目立つのは 遺伝によるものや血管の老化なども関係していますが)

 

 

これは手だけでなく全身に言えることですが、手は紫外線にさらされやすいことや水に触れる機会が多いこともあり、”老けやすいパーツ”と言わざるを得ません。

 

 

 

 

乾燥(ケア不足)

 

お皿洗いや洗濯、そうじ、トイレの後など、手は水に触れながら毎日がんばっています。

 

 

顔よりもずっと、いつも過酷な環境に置かれているのが”手”なのです。

 

 

それなのに、顔のケアばかりして手にはたまにハンドクリームを塗るだけになっていませんか?

 

 

ただでさえ乾燥のダメージを受けやすいのに、顔ほど気合いを入れてお手入れしている人は少ないため、ケア不足がシワを悪化させてしまいます。

 

 

また、濡れた手の水分をしっかりふき取らないと、水分が蒸発するときに手のうるおいまで一緒に持っていかれてしまいます。

 

 

目にはみえないので放置しがちですが、放っておくと手の乾燥はどんどん進み、確実に”砂漠化”してしまいます(>_<)

 

 

 

 

 

手のシワの原因を見分けるには?

 

手のシワの原因を見分ける方法

 

 

 

「でも、自分の手のシワは何が原因でできたのか、よく分からない…」という場合は、お風呂上がりの手の甲に注目してみてください。

 

 

お風呂上がりに手のシワが消えているようなら、「乾燥」によってできたシワということになります。

 

 

お風呂上がりでも変わらない場合は、紫外線や老化によってできたシワということになります。

 

 

原因について分かったら、具体的にどんなケアをすればいいのか?について↓早速見ていきましょう!

 

 

 

手のシワをなくす最強のケア方法|これで完璧!


手のしわを改善する方法

 

手のシワをなくす方法1 手の水気を放置しない

 

まず、手を濡らしたあとは水気を放置しないよう徹底しましょう。

 

 

手を洗った後や水仕事の後、ハンカチを忘れた時や忙しい時なんかは、ついそのままになってしまう事もありますよね。

 

 

でも、手のうるおいまで一緒に蒸発させないためには、水気をすぐにしっかりふき取ることが大切!

 

 

ふき取った後はハンドクリームを塗り込んでいきましょう。

 

 

ハンドクリームでうるおい膜をつくり、その後の乾燥から手をまもります。

 

※乾燥した空間にいる時間が長い人は加湿器をセットするのも◎!

 

 

手のシワをなくす方法2 紫外線対策

 

つぎに、手にもしっかり紫外線対策をしていきましょう。

 

 

どんなに高級な化粧品を使っていても、ケアをがんばっても、ここが甘かったら全て台無しになってしまいます。

 

 

紫外線はそれほどの威力をもっているので、お出かけ前には手にしっかり日焼け止めを塗り、グローブやアームカバー、日傘がある人はそれも活用しましょう。

 

 

日焼け止めはPA++以上のものを使うことで、しわの原因になるUV-Aを効果的にカットすることができます。

 

 

日焼け止めを選ぶときにSPFをチェックする人は多いと思いますが、今度からPAも確認するようにしてみてくださいね。

 

 

普段はPA++以上を、海やプールなどのアウトドアの日はPA++++の日焼け止めがおすすめです。

 

 

紫外線は手のシワ・たるみの最大の原因なので、何としても防いでいきましょう!

 

 

でも、手を洗うたびに日焼け止めを塗りなおすのは面倒だし、海やプールに行ったときなんかは、いちいち塗り直してられないですよね。

 

 

そんな時は、体の内側から紫外線をカットしてくれる「飲む日焼け止め」を飲んでお出かけしましょう。

 

 

出かける前に飲むだけで、簡単に紫外線のダメージを抑えてくれます。

 

 

普段のお手入れを台無しにしないためにも、手軽にUVカットできるアイテムを有効活用していきたいですね。

 

 

↓楽天リサーチ1位を獲得した飲む日焼け止め
オールインワン飲む紫外線ケア【〜リブランコート〜】

 

 

↓手のUV対策・美白ケアについてはこちらに書いています。
手の甲の日焼けを徹底的に防げる!完璧な美白ケアを大公開

 

 

 

手のシワをなくす方法3 美容整形

 

 

「毎日地道にケアするのはちょっと、気が遠くなる…」という場合は、美容整形するというのもアリです。

 

 

手っ取り早く、しかも劇的に手のシワをなくすことができます。

 

水光注射

 

水光注射は、肌の浅い層にヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分を細かく注入していく方法です。

 

肌に直接入れていくので、ハリ・うるおいがアップしてシワ改善に効果的。

 

ヒアルロン酸注入のようにどこか一か所をピンポイントで狙うのではなく、肌全体をまんべんなく綺麗にすることができます。「手の甲全体の肌感を変えたい」という時におすすめ。

サーマクール

 

「体内に異物を入れるのはちょっと…」という人にはサーマクールがおすすめです。

 

サーマクールはマシンを当てるだけの治療で、肌に熱エネルギーを当てて軽いやけどを起こした状態にし、肌の再生力を高めるという方法になります。

 

肌が再生される際にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美肌成分が新しく作られるので、ハリ・弾力・うるおいがアップするという仕組みになっています。

ヒアルロン酸注入

 

「どこか一か所だけピンポイントでシワが気になる」という人にはヒアルロン酸注入がおすすめです。

 

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので安全性が高く、アレルギーを起こしにくい成分です。

 

シワが気になる箇所に注射をすれば、シワの凹みを一瞬で埋めてくれます。

 

ちなみに、ヒアルロン酸は保湿成分なので、注射した箇所の肌のうるおいもアップ♪

 

 

 

手のシワをなくす方法4 手にエイジングケア

 

「整形はさすがに、ハードルが高いなぁ…」という場合は、手にエイジングケアをしてふっくらさせていきましょう。

 

 

「老化」や「紫外線」によってできた手のシワは、ハンドクリームをこまめに塗ってもなかなか消えません。(乾燥して一時的にできたシワなら消えることも)

 

 

というか、ハンドクリームをチャチャっと塗るだけで手のシワが消えるなら、世の中の人の手はもっと綺麗なはず…と思いませんか?

 

 

ハンドクリームのおもな成分は”油分”であり、肌の表面に膜をはって乾燥からまもるというのが役目です。

 

 

日中の厳しい乾燥から手を守ってくれるアイテムではありますが、出来てしまった手のシワをふっくらと改善するところまでは、ハンドクリームだけでは厳しいということです。(※シワへの改善効果が証明されたものは除く)

 

 

じゃあどうすれば手のシワは改善できるのか?というと、エイジングケア化粧品でお手入れすると効果的!

 

 

エイジングケア用の化粧品には、「肌のコラーゲン生成を促す成分」が配合されたものが多いからです。

 

 

手のシワの根本的な原因は、コラーゲンが減って肌のハリがなくなったからだとお話しましたね。

 

 

老化で衰えてしまった「肌のコラーゲン生成力」をアップさせるエイジングケア化粧品なら、手の甲にハリを出してシワ・たるみを解消してくれます。

 

 

肌のコラーゲン生成力をアップさせる成分

 

レチノール、成長因子(グロースファクター)、ナイアシン、ビタミンC誘導体など

 

↑エイジングケア化粧品を選ぶときは成分をチェックして選んでみてね(‘ω’)ノ

 

 

おすすめのエイジングケア化粧品は、透輝の滴(とうきのしずく)という美容液です。

 

 

とうきのしずくには 「成長因子」(グロースファクター)という有効成分がたっぷり入っているので、老化で衰えた肌のコラーゲン生成力をアップさせてふっくらモチモチの手に仕上げてくれます。

 

 

↓とうきのしずくを左手だけに使用した比較写真

 

手のしわを改善する方法

 

 

左手だけふっくらしていてシワが無いですね。(ちなみに↑この方は50歳とのこと)

 

 

↓とうきのしずくについてはこちら
エイジングケア<透輝の滴>

 

 

ハンドクリームをこまめに塗ってもこうはならないので、有効成分(エイジングケア成分)のチカラを痛感せざるを得ない写真です。

 

 

「整形まではできないけど、ハンドクリームじゃシワが消えないし…」という人は、こういった有効成分が入った化粧品で手にもエイジングケアをすると、シワにガツンと効いてきます。

 

 

 

手のシワをなくす方法5 ピーリング

 

つぎに、定期的に取り入れるとさらに効果的なのが「ピーリング」です。

 

※ピーリングとは…肌の表面に残っている古い角質を取り除くスキンケア方法のこと

 

 

ピーリングをすると肌の表面を覆っていた古い角質がゴッソリなくなるので、肌細胞が活性化されてコラーゲンの生成もアップするんです。

 

 

加齢や紫外線のせいで減ってしまった、ぷるぷるお肌に欠かせないコラーゲンを増やすことができるんですね♪これはやらなきゃ損!

 

 

ピーリング用の化粧品をお持ちでない方には、AHAという成分が配合されたものがオススメです。

 

 

AHAとは、フルーツ酸やリンゴ酸、乳酸、クエン酸などの、おもにフルーツから抽出されたエキスのこと。

 

 

パッケージの裏にフルーツ酸、リンゴ酸、乳酸、クエン酸、グリコール酸のように表記されているかチェックしてみましょう。

 

 

植物由来なので安全性が高く、肌にも優しくピーリングができます。

 

 

お風呂で体を洗い終わったら、手の水気をふき取ってAHA配合のピーリングジェルを手の甲に出し、くるくる優しくマッサージしていきます。

 

 

定期的に続けていくと、コラーゲンが増えて肌がふっくらしてきますよ。

 

※ピーリングを毎日やってしまうとまだ未熟な肌細胞が出てきてしまうので、週に2〜3回までにしておきましょう。

 

手の甲をピーリングした後は肌が乾燥しやすくなっているので、しっかり保湿してくださいね。

 

 

手のシワをなくす方法6 マッサージ

 

 

マッサージで手の血行を良くすることも大切です。

 

 

ふっくら肌に欠かせないコラーゲンの合成には、酸素栄養(ビタミンCなど)が必要ですが、 血行が悪いと皮膚のすみずみにまで行き渡らなくなり、老化促進につながってしまいます。

 

 

そんなことにならないためにも、ぜひマッサージを習慣にしてみてください。

 

手のシワ改善マッサージのやり方
1.指先から手の甲に向かって、指を1本ずつ順番に揉みほぐしていきます。

 

2.指をほぐしたら、片方の手のこぶし(手の甲の骨)でもう片方の手のひらをゴリゴリとほぐします。

 

3.ほぐし終わったら、両手をつないで手首をぐるぐる回しましょう。

 

本当に簡単なマッサージですが、手全体の血行アップが期待できます。

 

 

力を入れすぎると皮膚を傷めてしまうので、皮膚を引っ張らないように注意してくださいね。

 

 

摩擦にならないようにクリームを塗りながらやるようにしたり、お風呂の中で体を洗うついでにやるのも良いですね。

 

 

ずっと続けられるように、習慣の中に組み込んでしまいましょう^^

 

 

 

手のシワをなくす方法7 ヒートショックプロテイン法

 

 

手のシワをなくすには、体内のヒートショックプロテイン(HSP)を増やすのも効果的です。

 

ヒートショックプロテインとは、熱エネルギーなどでダメージを受けた細胞を修復してくれるたんぱく質のこと。

 

ヒートショックプロテインが体内で増えるとコラーゲンもたくさん生成されるようになり、肌にハリが出る。

 

 

しおれてしなしなになったレタスをお湯につけるとシャキッと蘇ることがありますが、これもヒートショックプロテインによるものなんだとか。

 

 

ヒートショックプロテインには、コラーゲンの生成を促すほか、メラニンの生成をおさえてシミを予防したり、炎症を抑える効果もあったりします。

 

 

シミ・シワを防いでくれるので、手のシワだけでなく全身の美肌・アンチエイジング効果が期待できます♪

 

 

即効性はないけど、長年コツコツと続けていくことで肌への効果を実感できるよ!

 

ヒートショックプロテイン入浴法

 

ヒートショックプロテインを増やすには、体を温めるのが最も効果的!

 

42度のお湯に10分間つかり、体温が38度になるようにしましょう。(ヒートショックプロテインは体温が38度になると増えるとされています。)

 

「42度は熱すぎる!」という人は41度のお湯に15分間、または40度のお湯に20分間浸かるのでもOK。

 

ポイントは、体温が38度になるように体を温めること!舌で測れる体温計をお風呂に持ち込んで測るようにすると良さそうですね。

 

お風呂からあがったら、常温のお水で水分補給をして、すぐ体温が下がってしまわないようにしっかり保温しましょう。

 

この入浴法を週に2回するだけで、ヒートショックプロテインを増やすことができます。

ホットタオルを使った方法

 

「お風呂に浸かるのは苦手」「そんな時間ない!」という人は、ホットタオルで手の甲のヒートショックプロテインを増やしましょう。

 

水で濡らして絞ったタオルをラップに包み、42度になるようにレンジでチンします。

 

やけどしないよう慎重にタオルを取り出して、手の甲に乗せましょう。

 

そのまま、できれば5分ほど乗せているのが理想ですが、タオルが冷めてしまう場合は

 

ホットタオル→冷水→ホットタオル→冷水

 

これを繰り返します。

 

温→冷→温→冷と温度差をつけることで、よりヒートショックプロテインUPにつながります♪

 

これも毎日でなくて良いので、気が向いた時にやってみてください。

 

 

まとめ 手のシワをなくす方法

 

 

手のしわの原因から改善方法までご紹介してきましたが、いかがでしたか。

 

 

手ってどうやってケアすれば良いんだ?!と悩んだときに、参考にしてみてください。

 

 

ある日突然手のしわがぱったり消えることはありませんが、地道にケアすることで、ちょっとずつ改善していくことは可能です。

 

 

手のシワを改善して、細部までキレイな人を目指しましょう^^b

 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ