爪のガサガサがツルピカに復活!今すぐ試したい5つのケア

爪のガサガサがツルピカに復活!今すぐ試したい5つのケア

爪のガサガサがツルピカに復活!今すぐ試したい5つのケア

爪のガサガサがツルピカに復活!今すぐ試したい5つのケア

 

 

ガサガサだと清潔感がなくなるし、なんだか老けてみえますよね。

 

でも、「爪のお手入れってどうやったらいいのかよくわからない…」と悩んでいませんか?

 

今回は、ガサガサの爪に効果的なケアについてご紹介いたします。

 

ガサガサの爪を綺麗にして、指先までオーラを漂わせましょう。

 

 

 

爪がガサガサになる原因は?

 

ガサガサの爪の原因1 乾燥

 

爪がガサガサになる最大の原因は、”乾燥”によるものです。

 

乾燥といっても一時的に乾燥しているだけなら、ネイルオイルなどで保湿してあげればすぐにキレイになります。

 

しかし、爪の乾燥を放置していると乾燥はどんどん進み、爪の内部までカピカピに砂漠化してしまいます。

 

スキンケアはしっかりしていても、爪のお手入れまで念入りにしている人って少ないのではないでしょうか。

 

爪のお手入れは後回しになりがちなので、乾燥したまま放置されることになり、気付けば爪の内部まで乾燥しきっていた…という事態になってしまいます。

 

 

 

ガサガサの爪の原因2 栄養不足

 

爪はタンパク質でできており、たんぱく質の合成には亜鉛が必要です。

 

また、シリカ(ケイ素)は爪や髪、骨、肌を丈夫にする栄養素として知られていますが、シリカが不足すると爪が割れやすく、もろくなってしまいます。

 

なめらかで丈夫な爪をつくるのに必要な栄養が不足すると、いくら外からケアをしても、もろくて割れやすいガサガサの爪のままになってしまいます。

 

 

 

ガサガサの爪の原因3 ネイル

 

ネイルが欠かせない!という人は、ネイルの影響で地爪がガサガサになっている可能性もあります。

 

ネイルを落とすときに使うリムーバーには爪のうるおいまで奪ってしまう成分が含まれているため、頻繁に使用すると爪がうるおい不足になり、ガサガサになってしまうのです。

 

また、ネイルを落とすときにゴシゴシこすったり無理に落とそうとするのもNGです。爪の表面が傷ついてしまうので爪がガサガサになってしまいます。

 

 

 

ガサガサの爪の原因4 水仕事

 

爪がガサガサになるのは、普段の水仕事の影響も考えられます。

 

水に触れることの多い手は、爪の他にも 指先がパックリ割れてしまったり手荒れが治らなかったりと、トラブルが起きやすいパーツです。

 

皿洗いや洗濯に使う洗剤には界面活性剤が入っているので、これが爪に必要なうるおいまで落としてしまいます。

 

ハンドクリームを塗っていても爪には何も塗らないという人が多いと思うので、手のうるおいは奪われるばかりになってしまいます。

 

 

 

 

手先を使わない日なんてないですし、爪はうるおいが奪われやすいパーツなんですね。

 

 

では、ガサガサの爪をツルピカに復活させるには、どんなお手入れがベストなのでしょうか?順番にみていきましょう。

 

 

 

ガサガサの爪を救う!5つの方法

 

ガサガサの爪改善1 爪に欠かせない栄養を摂る

 

 

ガサガサの爪を復活させるために、まずは爪に必要な栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

 

 

たんぱく質、亜鉛、シリカを意識して摂るようにします。

 

 

【たんぱく質を含む食べ物】
肉、魚、卵、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品、チーズ、ヨーグルトなど

 

 

【亜鉛を含む食べ物】
牡蠣、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど

 

 

【シリカを含む食べ物】
オートミール、青のりなどの海藻、玄米、とうもろこし、じゃがいも、番茶など

 

 

丈夫な爪をつくる食べ物を食べて、体の内側からネイルケアをしていきましょう。

 

 

 

ガサガサの爪改善2 ネイルは時々お休みする

 

 

オシャレが欠かせない人には難しいかもしれませんが、ガサガサの爪を改善するためにネイルは時々お休みするようにしましょう。

 

マニキュアやジェルネイル、ネイルリムーバーなどに一切触れない期間を設けて、爪をお休みさせてあげます。

 

時々開放してあげるだけでガサガサの爪の原因を1つ排除できるので、「ガサガサ爪を絶対に治したい!」という方はやってみてくださいね。

 

すっぴんで過ごしてお肌を休ませるのと同じですね!

 

 

 

ガサガサの爪改善3 水仕事するときはゴム手袋を

 

 

水仕事をする時はゴム手袋をはめて、爪に洗剤や水が触れないようにします。

 

「皿洗いや掃除をするときにゴム手袋だと作業しにくい」という人は、薄手のポリ手袋でも大丈夫です。

 

お皿洗いはぬるま湯でするようにすると、手先が冷えなくて良いですね。

 

ハンドクリームやオイルを塗って手袋をはめれば、お湯のスチーム効果でパックができます。

 

毎日の積み重ねは大きいので、大切な爪のうるおいが奪われないように習慣にしてしまいましょう。

 

 

 

ガサガサの爪改善4 爪専用のアイテムでお手入れ

 

 

ガサガサの爪をツルピカにするには、爪専用のアイテムを使うのがおすすめです。

 

その辺にあったオイルを塗るのでも良いのですが、専用のものを使ったほうがより効果を期待できます。

 

おすすめは「浸透型ネイルエッセンス ツメリッチリペア」という爪のケア専用アイテムです。

 

ガサガサの爪をケアする化粧品

 

 

爪の内部まで乾燥しきっている「インナードライネイル」のケアに特化したアイテムなので、爪の表面をうるおすだけのネイルオイルとはちょっと違います。

 

「浸透型ネイルエッセンス」という名前の通り、爪に直接浸透させていきます。

 

インナードライネイルになると、爪の内部にあるケラチンというたんぱく質が流出し、水分や油分をキープできない爪になってしまいます。

 

そうなるともう、いくら爪の表面にオイルを塗ってもなかなか改善せず、ずっとガサガサのまま…という事態に。

 

ツメリッチリペアは、よくあるネイルオイルのように爪の表面をうるおわせるだけでなく、爪の保護成分を直接浸透させていくという本格的なケアができるアイテム。

 

ガサガサの爪を本気で改善したい方は、こういうアイテムでケアすると良さそうですね。

 

全額返金保証がついているので、「やっぱり合わなかった…」という時でも損はなさそうです。

 

 

→ツメリッチリペアの詳細はこちら

 

 

 

ガサガサの爪改善5 マッサージ

 

 

爪に栄養がいきわたるように、マッサージをするのも効果的です。

 

マッサージをして、爪先まで酸素や栄養をしっかり届けましょう。

 

親指と人差し指の腹をつかって、反対の手の爪を上下から、左右からプッシュします。

 

血流が良くなっているお風呂の中やお風呂上がりにおこなうのがおすすめです。

 

あまり強く押しすぎないように、気持ちいいと感じる程度の強さでやるようにしてくださいね。

 

両手をつないで手首をぐるぐるまわして、手全体の血流を良くして終了です。

 

お風呂あがりは血流が良くなっているので、そのタイミングでネイルケア用の化粧品を塗っていきましょう。

 

このタイミングを逃すともったいないので、ネイルケアやスキンケアをすかさず行うのがおすすめですよ。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

「ガサガサの爪、何で治らないんだろう…」という時はぜひ参考にしてみてください。

 

これらのケアを毎日続けていくと、ガサガサの爪が少しずつよみがえってきます。

 

爪は自分の目にも付きやすいパーツなので、キレイな方が気分がいいですよね!

 

ガサガサの爪をしっかりお手入れして、指先まで清潔感のある人になりましょう。

 

あなたの爪がキレイになることを願っています。

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ